胎内記憶教育 基礎講座

胎内記憶教育基礎講座のご案内

池川明先生 胎内記憶教育基礎講座

赤ちゃんは、お腹の中にいる時から実は意識があって、大人と同じぐらい、もしくはそれ以上のことを考えたりして過ごしています。

その後の出産、そして出産後の育児期間中も「意識があるんだよ」という前提で、赤ちゃんと接していく。

そうするときっと楽しいですよ、というのが、まずは胎内記憶協会のおすすめすることです。

実際、子供たちがどんなことを望んでこの地球にやってきて、どんな風にお父さんお母さんと接したいか、社会と関わりたいか、人々とも関わりたいか。

そんなことを聞き取ったものを、一つの教育メソッドとして確立したのが胎内記憶協会です。

私自身、出産や育児などというのは、何だかとってもマイナスなイメージしかなくて、もうずっとずっと遠ざけてたんですけれども。

ある時に、自分が自分の母を選んで、地球にやってきた時に本来やろうとしていたことを思い出したようです。40を過ぎてようやくです。

その時に思い立って、相手を見つけて遅い遅い出産をしました。

そのことをきっかけに、とっても幸せな毎日がやってきて、今は育児真っ最中です。

大変なこともたくさんありますが、それまでとは全く違った人生を今歩んでいます。

講座にお越しの方には、こういったことをあらかじめ知っておいて、新しい体験をして頂けたらと思います。

「胎内記憶教育基礎講座」で人生の景色を変えてみませんか。

【開催場所】神奈川県川崎市
【開催日】 令和3年2月27(土)・28(日)
【開催時間】10:30~17:30(休憩含む)
【持ち物】 メモ帳、筆記用具、飲み物
【定員】  4名
【参加費用】¥60,000
【申し込み方法】協会ホームページよりお申し込み下さいhttps://premea.or.jp/202102_kataoka/